ぎんぼdeマンボ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

提供意思カード :: 2010/09/30(Thu)

 墓に続いて私のささいな悩みは「臓器提供の問題」です。
私は「臓器提供意思カード」をずっと持ち歩いています。
全ての提供OK派です。

 前にも書きましたが、おばあちゃんが生きていた時にこの話をしたら「お前が
来世でまたおばあちゃんの孫で生まれてきたときに内臓の無い子だったら嫌だ」
と断固反対されたので、カードを書くのはばあちゃんが死んでから・・・と思って
いました。(それもどうかと?と思うかもしれませんが・・・)
 
 そうしたら今度はだんな様が「反対派」なのです。
だんな様の反対理由は「臓器移植」そのものに疑問を抱いているからだそうな。
生死を人間が操作すること。ありのままを受け入れる等の「哲学的理由」からみ
たいです。

 私は一切の延命治療も臓器提供も受ける気はありません。
死ぬときは家で小太郎とだんな様のそばで死にたい!(小太郎が生きている場合・・・)
でも、世の中には「生きたい」と思っている人もいるのです。
それなら「どうぞ!」と思っています。
それぞれ個人の考えですからね。

 なので、2000年に書いた私の提供カードの「家族署名」は相変わらず空欄のままです。
ドナー登録もしたいのにな・・・

夕陽と小太郎




PS・私のモットーは「だんな様より早く死ぬこと。」

 だって、1人はつまんない。文句言う相手がいないのはさみしい。
だから、1日でも長くだんな様に生きていてほしい!
なのでだんな様の健康に気を使って「ぴんぴん長生き」してほしいです。
私はかなりの健康人間で、すご~く長生きしそうなので(笑)だんな様に
はもっとがんばってもらいたいものです。

もちろん!小太郎もがんばって長生きしてほしいと常に思っています。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<10月1日という日 | top | 青と赤と白>>


comment

重いテーマだなと思ったら
ラストでおのろけあ~りがとう。


  1. 2010/09/30(Thu) 23:01:50 |
  2. URL |
  3. かまど #-
  4. [ 編集 ]

先日亡くなった知り合いの方は
臓器は年齢的なことからできず、
アイバンクへ提供されたそうです。
本人の生前からの意思で家族の方も
願っていたことだそうです。
人それぞれ考えがあるので難しいですね。
  1. 2010/10/01(Fri) 18:44:54 |
  2. URL |
  3. uni #-
  4. [ 編集 ]

おへんじ~

 コメントくださり感謝です。

かまど猫さんへ
 のろけたつもりはなかったけれど・・・(汗)
基本「お気軽な性格」なので悩んでいても「ま、いっか~」となってしまうのです。
なので、しんみり終わることは基本ナイです!ははは~。

uniさんへ
 個人の考えなので難しいですね。
夫婦間でも一致するとは限らない。
自分に子供が居ないので解かりませんが、子供がもし臓器提供で助かるのなら助けたい!と思うのはおかしい事だとは思えない。
  1. 2010/10/01(Fri) 21:05:30 |
  2. URL |
  3. むとじ #-
  4. [ 編集 ]

私も無楽斎さんとほぼ同じ意見。

「私の中のあなた」って映画観た?
少しテーマは違うけど(あちらは生きてる人間からの臓器移植)見てみるといいよ。
自分の子供がいたら、何が何でも助けたいってなるだろうと思う。
もちろんむちおにでもそう。
難しいなぁ
  1. 2010/10/03(Sun) 01:07:46 |
  2. URL |
  3. むちこ #-
  4. [ 編集 ]

むちこさんへ

 難しいテーマですよね。
「私の中のあなた」は以前見ました。
自分自身だったら一切の延命治療もしたくは無いのですが、子供だったらどうなのでしょう?
そのことを思うと臓器提供を望んでいる人がいるならば・・・という理由で意思カードに〇をしました。
 小太郎が将来、病気で苦しんでいたら「安楽死」を選択するのか?も未だに迷います。


  1. 2010/10/03(Sun) 23:27:57 |
  2. URL |
  3. むとじ #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。

たまたまこちらのブログを見つけて臓器提供の記事を目にし
思わずはじめてコメントさせていただきます。

まだまだ世の中臓器提供の賛否は色々あるかと思います。
でもひとつだけ大切な事が抜け落ちたまま話が進んでいることにとても危惧している者です。

それは肉体は死んでも魂は生きつづけると言う真実です。
普通肉体の中に霊体と言われる魂の部分が入っているのですが
それは霊子線と言われる紐で肉体と霊体が繋がっているのです。

でも心臓停止をして24時間程してからこの霊子線が切れて
肉体と霊体は切り離されて人間は死後の世界へ旅立つことになるのですが…。
脳死の段階ではまだ霊子線は繋がっていて死んではいません。
なのでそこで心臓でも切り取ると言うことは生きたまま
体にメスを入れると言うことなんです。
つまり…本人にとっては驚愕の痛みなのです。

死後の世界への旅立ちを妨げるとてもことになるのです。

私は善意からドナーの方へ臓器提供されるお気持ちは
尊いものだと思います。
でもこの驚愕の痛みと恐怖を体験してまでも
提供される方は殆どいないのではないでしょうか。

実際移植大国アメリカでは摘出手術の際に
死んでいるはずの提供者に麻酔をかけているそうです。
それは摘出する際に手が動いたり、上体が起き上がったりするからです。

まだまだ私たちが霊的存在と信じるか否かは個人の考えに委ねられていますが、
国会の多数決で決められるものではないのです。

どうか安らかな死後の世界の旅立ちの権利を守っていただけたら
と思い思わず勝手ながらも長々と書かせていただきました。

何かのお役に立てましたら幸いです。
  1. 2011/02/10(Thu) 14:14:54 |
  2. URL |
  3. #vS/RWfqI
  4. [ 編集 ]

再度コメント追加させていただきます。

木曜日 PM 20:00~『奇跡体験 アンビリーバボー』が放送されていることはご存知かと思いますが、
そこで『脳死は死であるのか否か』という内容でした。

オクラホマ州にザックという一人の男性がいました。
バイクの事故でアスファルトに頭を強打し、脳死状態に陥りました。
家族は辛い悲しみの中にありましたが、当の本人には意識がありました。

俄かには信じがたい話ですが、脳は全く動かず、
血液も流れず真っ黒な状態で、心臓も停止し、瞳孔も全く動かない。
医者や看護士は、何度もその確認してもその状態は変わらなかったので、
そこで、ザックの死を、家族に宣告しました。

でも・・・

確かに、ザックには意識があったのです。

自分の体が自由に動かない。しかも、医者が自分の死を宣告している。
しかも・・・・・

医者は家族に臓器提供の話をしていたのをしっかりと聞いていたのです。
ザックは焦りました。

“俺はまだ死んでいない!!”
“生きているのに、なぜそんな話をしているんだ!”

でも、脳は動いていないので、体は動きません。
自分が生きていることが伝えられません。
ザックは必死に叫びました。
何とか生きていることを伝えたい。

そして、とうとう家族に臓器摘出の説明をしているとき、
医者の一人が、なぜか
“ザックは生きているのではないか”

という気持ちにかられ、ザックの体にもう一度刺激を与えてみようと思い立ちました。
意識を確認するために、足の裏を刺激することが 多いらしいのですが、
その医者はザックの足の裏に、持っていたナイフで・・・おもいっきりやろうとした瞬間、
ザックの足がおもいっきり避けたのです・・・

医者は驚き、再度手の爪に自分の爪を差し込みました。
すると、次は手をおもいっきり避けたのです!
そこですぐに臓器摘出を中止し、心音と瞳孔を確認しました。

ザックの叫びが通じたのか、心臓も瞳孔も動いたのです。

家族は抱き合って喜び、医者は驚きを隠せません。
それから数週間の内に意識も戻り、目を覚ましたのです。

それからは、あっという間に回復し5週間でリハビリにまでこぎつけ、
奇跡の生還を果たしました。
それから3年後の現在、結婚し3人の子供にも恵まれているそうです。

彼はその当時のことを、しっかり覚えているそうです。
『医者が自分の死を家族に伝えていた。』
『臓器摘出の説明をしていたことも聞いていた』と、インタビューに答えていました。
***********
上記のことでも分かるように、『脳死』は人の死ではありません。
肉体は、仮の姿・・乗り物でしかないのです
その中に、しっかり魂が宿っているのです。
肉体と魂は“霊子線”(シルバーコード)という線で繋がっていて、
それが切れた時が本当の『死』なのです。

ザックの意識があったということは、まだ霊子線が切れていなかったということなのです。
その状態で、もし臓器摘出がおこなわれていたら・・・
霊体は、麻酔をかけない状態で体を切るのと同じ、強烈な痛みを味わうことになるのです。
真っすぐに、天国に帰れない・・
自分や自分の家族が、もし同じような苦しみを味わうとなったら・・・
その事実を知って頂きたいと 切に願っています・・・

何度も投稿失礼しました。
  1. 2011/02/11(Fri) 10:55:20 |
  2. URL |
  3. #vS/RWfqI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mutoji4.blog17.fc2.com/tb.php/414-0190fcb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。